バル5

ラストの店は、以前から気になっていた店。

前を通るが、なかなか中に入る機会がなかった。

そして、シメにぴったりな場所。

店の名は、お茶漬け酒場 金の穂銀の水。

フードメニューは、 鯛の焼き霜茶漬け、しらすとスダチ茶漬け、海鮮塩ダレ茶漬け、紀州南高梅茶漬けのいずれかとナスの揚げびたし。

ドリンクは、チューハイ、焼酎 ソフトドリンク

ドリンクは、ウーロン茶にした。

いいかげんアルコールを抜かなければ、

後々エライことになりそうだったから。

料理は、ちょっと悩んだ末、鯛の焼き霜茶漬けにした。

どれも食べたかったが、鯛様にした。

バル15 バル16

なんだろう、この食べている間、

胃がホッとしているのは・・・・。

やっぱり日本人だから。

出汁もおいしくて、あっという間に、

お茶漬けの世界にさよならをした。

他のメニューも食べてみたい。

と、思うような店だった。

で、店を出た後、会場でウコンをもらって、

マッサージ屋さんで休んで、家に帰ってきたってわけサ。

こんな一日は、どう?

バル4

和食が続いたので、今度は洋食にしようと思った。

4件目の店は、La・SARA。

本場イタリアの窯で、焼き上げるピッツァが食べることができる。

到着すると何組かの人たちがいたが、

しばらくすると、店の中に入れた。

注文したドリンクは、白ワイン。

飲み比べはなかった。

カウンターから窯が見えたので、

あ~、まだかなぁ、まだかなぁ。

と、思いながら待っていた。

真ん丸い形のピッツァが運ばれてきた。

フードは、自家製サルシッチャと秋野菜のピッツァ。

バル13

サルシッチャは、各自で調べてくれたまえ。

白ワインとピッツァを交互に、お口に入れながら、

お腹がふくれつつあると、感じていた。

バル12

お腹の中が落ち着いてきたというか。

そんな感じ。

再び、酔いが少し体中に回り始めていた。

ここも完食して、ラストの店へと足を運んだ。

秋が、わたしのお腹の中でいっぱいだ~。

目の

日曜日の夜11時から始まる海外ドラマを見始めた。

たまたま見たのがそのまま・・・・。

スベインドラマの情熱のシーラで、内容よりも、

ヒロインのファッションが素敵で、目の保養をしている。

それにそのファッションに合う振る舞いなどを見ると、

メイク、話し方、知性、品性、人格もセットなんだと、

洗練されていくヒロインを見るとつくづく思う。

猫侍からスペインドラマに、変わってしまったが、

いろんな意味で勉強になりますわ。

http://www3.nhk.or.jp/d-station/episode/sira/4992/


またかと

今日は、前々からチケットを購入していたコンサートを観に行く。

あの頃は、こんなに忙しくなろうとは、これっぽっちも思わなかった。

何のコンサートか?って?

ウィーンのエリザベートのガラコンサート。

またかって、言われているような気がする。

今回は、歌で構成される感じのもの。

日本人ではなく、本家の人が来て唄うのだ。

と言う事で、楽しんで参る。

Flashカレンダー
最新記事
プロフィール

ジュリアルーシュ

Author:ジュリアルーシュ
FC2ブログへようこそ!

遊びにきてくれてありがとう♪
blog usachanz

お茶をお出しすることは
できませんが、
keikoさんがデザインしたケーキとわたしたちが
お出迎えしま~す♪

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランニングChammy
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード