デビュー50周年記念展 池田理代子 -ベルばらとともに-

土曜日の昼頃、難波にある髙島屋へ行ってきた。

7Fフロアで、デビュー50周年記念展 池田理代子 -ベルばらとともに-

のイベントがあったから。

ベルばら展示1

ベルばら展示2

仕事帰りに行こうかと思ったが、残業があるので、

間に合わないと思い、休日に行くことにしたのだ。

男性もチラホラいたが、女性が圧倒的に見に来ていた。

マーガレットの表紙の展示があり、ずっと見ていてもあきなかった。

初期のマンガやベルばら、オルフェイス窓、他いろいろと展示してあり、

これ持ってる、あれも持ってるなどと思いながら、

見ていた。

ベルばらの展示てば、新旧の宝塚での公演写真も展示してあり、

懐かしいものもあった。

そして、唯一写真撮影がOKの場所があり、

マンガのパネルと宝塚の公園で実際に使った衣装が展示されていた。

ベルばら展示3

ベルばら展示4

ベルばら展示7

ベルばら展示5

ベルばら展示6

出口手前で、池田理代子さんのビデオスクリーンが流れていたので、

ガチで最後まで見ていた。

帰りには、グッズ販売店へ行き、商品を見ながら、

チケットフォルダーを買って帰った。

ベルばら展示8

ああ、やっぱりテンション上がるなぁ。

今後、京都と横浜の高島屋でも開催されるそうだ。

グレース・ケリー展

昨日行ってきた、展示会のお話。

阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリーで、

グレース・ケリー展をやっていたので、行ってきた。

テレビで紹介されていたのがキッカケ。

10時過ぎに行ったら、チケット売り場に少し列ができていた。

前売り券を買っておけば良かったかなぁっと思いながら、

並んでチケットを買った。

ハリウッド時代の写真、結婚式、結婚後の写真があったり、

実際にお召しになっていたドレスやウェディングドレスの展示。

そうそう、ケリーバッグも展示されていた。

話には聞いていたけど、思っていたより大き目なバッグ。

再現されたドレッサールームに鏡があり、

本物は無理かもしれないけれど、雰囲気だけでも、

その鏡に自分を映してみた。

展示されていたドレスを後ろ側でも、見ることができるのがいい。

写真を見ながら、品というよりも気品と優雅さが漂ってくる。

どこから見ても、絵になる女性だと思った。

帰りに、普段は買わないグッズだけど、

かわいいのがあったので、買った。

マグカップと栞。
IMG_3817.jpg

クリアファイル2枚。
IMG_3818.jpg

大阪は、3月6日まで開催。

その後は、岡山県と愛知県で開催。

https://www.gracekelly-exhibition.com/report

フルーツブランデー

この間、サントリーが主催するイベントに参加してきた。

自家製フルーツブランデー 漬け込み体験セミナー。

san3.jpg

19時30分の部に予約したので、仕事帰りに寄った。

一人参加の人もいたので、わたしも含め、同じテーブルになった。

フルーツブランデーのウエルカムドリンクが用意されていた。

飲みやすい、そして、危険なドリンクだった。

30分間のセミナーだったので、簡単にできる。

オレンジとブランデーと密封容器だけ。

san4.jpg san5.jpg 

エプロンをつけて、自分で目の前にあるオレンジを、

皮と白いところと実の3っつに分けて、容器に入れ、

ブランデーを入れて浸すだけ。

白いところは、容器には入れない、苦くなるから。

san6.jpg san7.jpg san8.jpg

一晩漬けて、翌日には飲める。

フルーツは、1週間後に取り除くというものだった。

公の場で、ナイフ持ってオレンジをカットなんて、

家事していないのバレバレじゃん。

というより、目の前のブツと格闘するのに必死すぎ。

そして、後日、ブランデーをスプーン1杯、コーヒーに入れて飲んでみた。

お口の中が、柑橘系の香りで充満。

そして、ブランデーそのままスプーン一杯飲んだ。

胃の中に爆竹を放りこまれた感じの状況だった。

何かで割るか、入れるか、ソースにするかのほうが、

よろしいかと。

取り除いたフルーツは、グラニュー糖を入れて、煮込んでジャムにするといいと、

レシピに書かれていた。

まだ、やっていないけれど、やってみようかという気持ちだけはある。

ブランデーは、1000円未満のものだった。

高いイメージがあるけど。

最後に行ったお店

最後に行った店は、Cafe & Restaurant STERA。

ここのお店も、たまに行く。

シメには、なぜかデザートが食べたくなり、

STERAへ行った。

ちょど、時間的に15時だったので、並ばずに入れた。

ドリンクは、ジンジャーエールにした。

メニューは、キャラメルチョコレートのタルト、はちみつのレアチーズ。

2016ばる10

2016ばる11

前に座って食べていた人は、超おいしいと言っていた。

が、わたしには、そこまで到達した感じはなかった。

普通という感想しか・・・。

おいしいものを食べすぎて、舌がおかしくなったのだろうか。

普通だったのさ。

そうこうしているうちに、バルチケットを使い果たしたわたしは、

家に戻った。

アルコールをそんなに飲んでいなかったので、

二日酔いはなかった。

近い未来の平安を守れたってことサ。

4番目に行ったお店

ここは、外したくないお店。

お店の名は、料理道楽築漸。

去年も行った、前の年も行った、普段もたまに行くお店。

だって、おいしいのだもん。

メニューは、近代とろのにぎり~醤油のムースで~、牛タンみそ漬け、秋の白和え、梅の茶わん蒸し、松葉銀杏、丹波の黒豆煮。

ドリンクは、ウーロン茶にした。

お店に到着したときには、人気店だけに、すごい列ができていた。

でも、回転が比較的に早いので、長く待つ感じではない。

その間、ドリンクは何にしようかと思い、迷っていた。

やっぱり日本酒だよね。

それも、長野県大信州純米吟醸うすにごり築漸スペシャル瓶取り酒。

でも、列に並んでいる最中に、胃の中が、

喧嘩し始めている、イヤ~な感じになってきた。

このまま、日本酒にしたら、暴動になって革命になるかもっと思うと、

ドリンクをウーロン茶にしないと、

後々、エライめにあうかもっと思ったのサ。

だから、ごく近い未来の平安を守るため、ウーロン茶にした。

料理は、胃の中が落ち着くぐらい、日本食のおいしいさが、

お口の中で蔓延していた。

2016ばる8

2016ばる9


なんの変哲のない、茶わん蒸しの底から、梅肉が・・・・。

あ~、落ち着く、落ち着いていく。

ここは、いつでも本気のバルだった。
Flashカレンダー
最新記事
プロフィール

ジュリアルーシュ

Author:ジュリアルーシュ
FC2ブログへようこそ!

遊びにきてくれてありがとう♪
blog usachanz

お茶をお出しすることは
できませんが、
keikoさんがデザインしたケーキとわたしたちが
お出迎えしま~す♪

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランニングChammy
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード